行動術

【ひとり起業】ライバルを作って研究

※マラソンもライバルを研究

ライバルがいるとモチベーションが上がります。

昔からライバルは常に作っており、学生時代は陸上としてのライバルがいて、今はマラソンとしてライバルや仕事のライバル、経理としてもライバルを作って研究しています。(相手は知らないと思いますが)

ライバル

私が考えるライバルは、目標であり、超えたい存在だと考えています。

とは言っても、敵対心はなく、尊敬の気持ちがあり、スキルや考え方、生き方なども含めて日々研究しています。

ライバルがいるメリットを3つにまとめると、次のようなもの。
①自分への刺激
②ひとりでは超えられない壁を超える
③最後のひと踏ん張り

①自分への刺激

ひとり起業で仕事をしていると、モチベーションを維持するための工夫は欠かせません。

誰かに見られることもなく、サボっても何も言われることはないでしょう。

だからこそ、自分でモチベーションを維持する必要があります。

私は、日々のデータ(お金、時間、感じたいこと)を取っていますが、それだけでは物差しが自分基準だけになってしまいます。

それだと井の中の蛙になってしまうリスクがあるため、ライバルの行動や結果を研究して刺激を作ることで、モチベーションを上げる効果にもつながります。

特に私は、ライバルを見るとモチベーションが上がるので、自分への刺激として研究をしています。

②ひとりでは超えられない壁を超える

私はライバルがいることで、壁を超えやすくなると考えています。

過去に壁を超えるのに苦戦していたとき、ライバルを見つけ研究したことで、ふとした瞬間に壁を超える経験がありました。

これは、自分の考えている質や量も、ライバルと比べることで質が上がり、量も増えることにつながると思っています。

ドラゴンボールでベジータが孫悟空というライバルにより、スーパーサイヤ人になったように、一定の壁を超えるにはそれなりに負荷がかかります。

自分の力だけで超えられない壁も、ライバルがいることで超えることもできるのではないでしょうか。

③最後のひと踏ん張り

最後のひと踏ん張りは、ライバルによるものが大きいです。

最後のひと踏ん張りは、横を見てライバルも踏ん張っているのを見てすることが多く、マラソンで言うとラストスパートに近いと考えています。

ひとりでは踏ん張れないことも、ライバルにより、ひと踏ん張りが出ることがありました。

ライバルを研究

今は、ライバルを研究するのが容易にできる環境で、ライバルが情報発信をしている方ならBlogやSNS、YouTubeで研究することもできます。

もし、情報発信をしていないのであれば、セミナーに参加したり、自分から会いに行く方法を考えるのも手でしょう。

私が、過去にしたこととして、ライバル主催のイベントに参加したり、メルマガに登録して、まずは研究できる状況作りました。

ライバルを研究することで、自分の改善にもなるので、ぜひ取り組んでみることをおススメします。

まとめ

ライバルは、同じ業界や同じ仕事をしている方と限定する必要はありません。

更に、ライバルをひとりに絞る必要もないでしょう。

違う業界、複数の方をライバルとして持っておき、日々研究していくことで、新しい発見、アイディアも出てきます。

私のライバルの中には、Web関係をしている方もいて、業界が全く異なるからこそ学べる点も多くあります。

これまでライバルを持ってこなかった方は、いちど試していただければ。

【編集後記】
足の検査の結果、あと1週間ほどで完治とのこと。
ゴールが見えたことはひとつの安心材料になります。
運動は控えつつ、ウォーキングとスイミング、筋トレで過ごします。

【最近の新体験】
膝のMRI
とある方と食事

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。