0.起業(独立)

起業で必要な、売上より先に経費の確認

売上がゼロでは、経費をいくら節約しても、赤字になってしまいます。

ただ、独立して最初に取り組むのは経費の確認ではないでしょうか。

私は、経費(事業の経費+生活費)を最初に確認して、売上目標を立ててきました。

売上の目標を立てることは必要ではありますが、その目標を決めるためにも経費を確認することをおススメします。

売上

売上は、単価×数で計算できるので、単価が1万円で100個売りことができたら、100万円の売上になります。

計算上は簡単にできますが、実際に売上を上げていくには努力ともに運も必要になるのではないでしょうか。

コントロールできる単価とできない数量

売上はコントロールできるものとできないものがあると考えています。

単価は自分で決めることができるので、コントロールできます。(迷うときもありますが)

むしろ、ひとつの商品やサービスの値段は自分しか決めることはできず、誰かに決めたもらうことは難しいでしょう。

反対に、数量(販売する数)はコントロールできないものだと思っています。

商品を出したからと言っても、全ての方に買ってもらえることはなく、最後に決める主導権は相手にあります。

売れるようにするために、発信したり、広告を打っていく方法もありますが、最終的に決めるのが自分ではないため、コントロールできないものになるでしょう。
売上には、コントロールできる部分(単価)もありますが、できないもの(数量)あるので、売上は努力×運であると私は考えています。

経費

経費は自分で商品やサービスを買うと決めてお金を払います。

仕事の買い物も、プライベートな買い物も、基本的には自分で決めて買うことができるものになってきます。

そのため、経費に運はほとんど入らず、コントロールできるものでしょう。(限定品など買えないときはありますが)

コントロールできるからこそ経費を先に見る

経費はコントロールできるものだからこそ、基本となる予測もできます。

毎月、何にいくらのお金を使っているかが分かれば、今後1年くらいでどのくらいの経費が必要になるかも見えてくるでしょう。

突発的に予測できない経費が必要なることが起きる場合もありますが、ベースとなる経費の金額は出せます。

ここを出しておくことで、最低限の売上(売上=経費)はいくらか、投資するために必要な売上はいくらかが見えてくるので、まずは経費を確認していきましょう。

まとめ

起業となると、売上に目がいきがちになります。

冒頭に書いた通り、売上がゼロでは、経費をいくら節約しても、赤字になってしまいます。

ただ、売上をやみくもに目指していくのも困難な道のりになってしますので、売上の目標が分からない、どのくらいの運転資金が必要か見えないとなる前に、まずは経費を確認してみてはいかがでしょうか。

【編集後記】
昨日は朝に、市役所で委嘱式。その後、インタビューを受けました。
その後は、今後の活動方針の確認。昼からは銀行に融資の相談とBlogとオンラインのOFF会に参加でした。融資は思った以上に苦戦中。

【新体験】
大野市の委嘱式
とある銀行
新しいランニングコース

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。