1.起業(独立)

起業まで3ヶ月ちょっと。これまで取り組んできたこと

起業まで3カ月ちょっと。

起業まで、取り組んできたことは多く、上手くいったこともあれば、上手くいかなかったこともあります。

ただ、取り組んだことすべてがあったからこそ、少しずつ進んできたいと思っているので、これまでの取り組みをまとめてみます。

これから起業しようとしている方の参考になれば。

目次

これまで取り組んだこと

23歳で陸上をやめたあと、アルバイトや会社員をしながらも、いずれは起業したいと思っていました。
ただ、何からはじめて、どうすればいいかも分からず、ぼんやりと40歳までには起業しようと思っていました。

何事も考えてから始めるタイプで、思いたったら即行動とはいきませんが、これまで、取り組んできたこととして、次のようなことがあります。

・読書をする
・メルマガを登録する
・blogを書く
・動画を撮る
・セミナー受ける
・起業コンサルを受ける
・ひとにやりたいことを話す
・ひとに目標を決めてもらう
・ひとに自分のことを話す
・個別相談を受ける
・読書会を開く
・朝活を開く
・勉強会を開く
・セミナーを開催する
・個別相談を開く
・副業を始める
・オンラインで仕事を始める
・県外で仕事をする
・ひとを紹介してもらう
・仕事を紹介してもらう
・旅行を企画する
・住みたい環境を探す

この中で、起業に向けて大きく動き出したきっかけと言えば、『行動』です。

・Blogを見る⇒Blogを書く
・セミナーを受ける⇒セミナーを開催する
・勉強をする⇒勉強会を開く
学ぶインプットも大切ではありますが、それ以上に大切なのはアウトプット。

今は、『学ぶ⇒行動』よりも、『行動⇒学ぶ』を重視しており、行動して分からないことがあれば、そのときに調べる方法をシフトしています。(私なりにですが。)

これまでに学んだミスするパターン

これまで学んだもので、必ずうまくいく方法は見つかっていませんが、ミスするパターンは見つかりました。

私のミスするパターンでは次のようなことがあります。
・合わないことをする
・無理に合わせていく
・多くこなす
ひとつの例ですが、このようなことをするとミスが起きます。

特に、自分が苦手なことや嫌いなことをトレーニングにしてもうまくいきません。(うまくできるようになる方もいるかもしれませんが。)

このミスが起きたときは、繰り返さないようにするために、「やらないことリスト」を作り、毎日見直してミスをしない仕組みづくりに取り組んでいます。

※やらないことリストの一例
・朝走れないくらい疲れる
・21時以降に仕事をする
・睡眠を削る

成功には運が必要なときもあり、いつでもうまくいく方法というのはないですが、ミスには決まったパターンがあり、防ぐことができると思っています。

まとめ

起業を間近に控えて、改めて感じたのは、当たり前で、自分でできることを繰り返しトレーニングして、変化し続けること。

起業して事業を継続していくには、変化し続けなくてはならず、これは永遠に続くモノだと思っています。

行動をして学び、ミスを減らして変化していく。

私は、いきなり大きな変化を起こせるタイプではなく(起こせる方もいるかもしれませんが)、少しずつ変化を繰り返していくことが大事だと考えています。

【編集後記】
昨日は給与の引継ぎを完了させて、今後は後任者がひとりで給与計算をしていきます。残りは、経理の引継ぎ。来月から後任者が入社するので抜けなく取り組んでいきます。
5月と7月は営業日が少ないので不安ですが。。

【新体験】
・融資について打ち合わせ
・セブンイレブンのメロンパンアイス

ABOUT ME
araihirofumi
araihirofumi
経理のフリーランスとして仕事をしている「超経理 新井」です。 資金繰りを通して、お金の診断を行い、手元に残るお金を増やすサポートさせて頂いています。 今のお客さまの中には、1年で売上が6倍、手元に残るお金が10倍になったお客さまもいます。 「攻めたい社長」に並走できる、経営の分かる経理マン。会社の財務基盤を強くする専門家。 ✓毎月のお金の心配から解放されたい…! ✓経理業務の煩わしさを何とかしたい…! ✓社長が本来すべき、未来をつくる仕事に専念したい…! そんなあなたに、客観的に数字に向き合い、タイムリーな財務情報の提供を通じて、テンポの良い意思決定と強い経営基盤づくりをサポートしています。 地味で面倒に思われがちな経理業務ですが、数字が見えているからこそ積極的に経営に係われるはず…!そんな思いを込めて「超経理」と名付けました。