個人経理

起業家の経費の使い方【手元にお金を残す人の特徴】

起業後は経費をうまく使っていくスキルが必要になります。

売上がどんなにあっても、経費を使過ぎると手元にお金が残らなくなるからです。

 

経費の目安は、粗利の4割、そして手元資金は3か月分の経費と生活費。

まずは、これを目指しましょう。

 

 

手元にお金を残す人の特徴

手元にお金が残る方の特徴は、

1.経費が粗利の4割以下になっている

2.お金の予測を立てている

3.売上だけを見ない

 

経費が粗利の4割以下になっている

起業後に手元にお金を残すには、当たり前ですが「粗利>経費」になっていなくてはいけません。

 

粗利<経費 

になってしまえば、支出が多すぎてキャッシュアウトに向かっていきます。

 

では、どのくらいの経費を使っていいか、それは「粗利の4割」

 

 

※粗利とは:売上から原価を引いた利益。
 八百屋なら野菜の販売価格から仕入価格を引いた差額になります。

 

事業を回していく上では、経費に加えて自分の生活費も必要になりますので、生活費も同じく「粗利の4割」を目安にしましょう。

 

つまり、経費+生活費=粗利の8割 
になっていれば、その内訳が多少前後しても問題はありません。

 

しかし、生活費を減らして、経費が増やすときに経費に事業に関係がないプライベートなものが入らないように注意が必要です。

 

手元現金預金の目安は「3か月分」

事業を継続していくためには、3か月分の『経費と生活費』が目安になります。

 

では、3カ月分の『経費と生活費』とはいくらになるか?

 

これには個人差があり、30万円(10万円×3か月)で足りる方もいれば、300万円(100万円×3か月)でも足りない方もいるので、一概に言うことできません。

 

しかし、これは簡単に調べる方法があります。

それは、お金の記録をつけること。

 

経費と生活費が、毎月いくらかかっているか?

これを出して、3か月分の資金いくらになるか確認しましょう。

 

なぜ、3か月か?

では、なぜ3か月分の経費と生活費が必要になるか?

 

これは、急激な売上の落ち込みや営業停止があった場合に、資金調達にかかる時間の目安です。

資金調達力の強い企業(人)であれば、1~2か月で資金を準備することも可能ですが、多くの企業では資金調達にかかる時間は3か月ほど。

売上が落ちたり、事業が止まっても、固定費は払っていかなくてはいけませんし、ご自身の生活もあります。

常に、3カ月後の資金残高を把握しておき、いざというときの備えをしておきましょう。

 

 

売上だけを見ない

売上は、多ければいい!

という方もいますが、正しくは利益を増やすことが必要です。

 

売上が100でも、原価と経費を合わせて100では、利益はゼロ。

手元にお金は残りません。

 

 

 

だからこそ、私は、「とにかくたくさん」というより、適正な売上を目指すことを意識しています。

多ければ多いほうがいい!という考えには、限界がありません。

 

・自分にとって適正売上

・その金額はいくらになるか?

ここを把握しないと、売上が増えた分、働く時間も増えてしまい、休みなく常に働いてしまう状態になります。

 

これが続けば、ストレスから散財したり、身体を壊してしまい、手元にお金が残らない状況に
なってしまいます。

 

手元にお金を残していくためには、時間のバランスをうまくとり、経費をうまく使っていくことが必要になります。

 

 

まとめ

 

手元にお金を残し、事業継続のサポートを始めて感じるのは、自分がいくらお金を使っているか把握する重要性。

・事業を回していくために必要な経費はいくらか?

・生活費はいくらか?

・継続経営に必要な利益はいくらか?

 

ここを間違えると、
使ってはいけないお金を使ってしまったり、
もっと使っても大丈夫なのに躊躇してしまうことがあります。

 

ため込むよりも、使い方をマスターしていくことが、「手元にお金を残す」ことにつながっていきます。

事業を回していくために、経費ゼロというのはありえません。

そう考えると、
何に、いくら使うか。
どこに、使わないか。
そこをしっかりと決めて、行動していくことが
継続経営には必要となってきます。

まずは、自分に必要な経費を記録して、把握してみましょう。

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。