Excel

ひとり社長の事業とプライベートのお金の管理はExcelがおススメ

事業のお金とプライベートのお金はセットで考えています。

起業をすると、事業のお金もプライベートのお金も財布が一緒になり使いわけが難しくなるから。

完全に財布を分けて管理する方法もありますが、手間がかかります。

私は、財布を分けずにひとつで管理して、記録で分けて管理していますので、今回は財布を分けずにどのように管理しているか、その記録について書いてみます。

記録はひとつのExcelで管理

事業とプライベートのお金の管理はセットで考えるために、記録もひとつのExcelで管理しています。

データを分けてしまうと、(事業とプライベート)を合計するときにひと手間かかるため、ひとつで管理しておくのがおススメ。

会計ソフトで分けることも可能ですが、プライベートも項目ごとに管理していきたいので、会計ソフトを使わずにExcelで記録しています。

プライベートのお金も、何にいくら使っているか把握しておかないと、お金の使い方は上手くなりません。

Excelを使って、ひとつで管理すると事業とプライベートを分けるのも、ふとつを合わせて見るのも簡単になりますので、ぜひ試していただければ。

Excelでお金の管理

Excelでお金の管理は、下記のように記録しています。

日付や金額、科目を設定しておき、摘要のところで内容や支払い先などを記録。

カテゴリのところで事業のお金には『事業』と入力して、ピボットテーブルで集計をすれば、事業用とプライベートを分けることができて、両方の合計を出すこともできます。

※数字はサンプル

Excelのメリットは、自由にカスタマイズできること。

ひとり社長のように仕事とプライベートのお金が混ざりやすく、財布を2つ分けるよりも、記録で分けたい方にはおススメの方法です。

Excelピボットの見方

お金を記録してピボットテーブルでお金を見ていくときは、推移表で見ていきましょう。

月次決算で使われている試算表(決算書)は、特定の日付(通常は月末)時点の状況しか出てきません。

事業は常に変化しており、一定ではないからこそ、推移表を使ってお金の流れを見る必要があります。

私は、ピボットを使って下記のように推移表を作り、売上や経費の推移を事業とプライベート、その合計と3つの視点で確認しています。

※数字はサンプル

増減があったときは、その時の原因を確認して、必要に応じて改善。

売上も経費も発生には原因があり、増えた原因、減った原因を確認することで、素早く改善ができます。

私は月に10日に1回は推移表を確認して、数字をチェックしており、大きな増減があれば原因を把握して、必要に応じて改善しています。

まとめ

ひとり社長は事業とプライベートのお金が混ざりやすいからこそ、事業とプライベートを合わせてお金の記録をしていきましょう。

事業だけが回っていても、生活が回らないと生きてはいけません。

両方とも大切だからこそ、事業とプライベートの両方のお金の記録をおススメしています。

【編集後記】
昨日は、朝にBlogとパラグライダー。昼からは顧問契約で事業計画の作成でした。夜はお客さまの庭でBBQを実施。

【新体験】
庭のBBQ
パラグライダー
パイン・マンゴー園

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。