個人経理

数字で判断する。見えないものを見えるように出来る数字

12月4日は非常に気温が上がり、京都でも最高気温22.7度、最低気温が14.9度でした。

 

朝から気温の高さを感じており、出勤は半そでのTシャツ。

 

そんな中、自転車を漕いでいると違和感を感じることをいくつか発見。

 

 

 

 

目次

数字で出ている気温よりも、雰囲気の季節が重要視されていた

 

半そで外に出てみると、歩いている人はなぜかみんなが冬の服装。

 

ダウンと着たり、マフラーをまいたりと、冬の服装をした人しかいなく、半そでTシャツで自転車を漕いでいる自分が完全に浮いているよう。

 

実際は、温かく、Tシャツでも全く寒く感じていませんでしたが、やはり12月という雰囲気になっているのでしょう。

 

数字で表された気温よりも、12月の雰囲気がその服装を選択させているのかもしれません。

 

実際に通勤した方に話を聞くと、

「コートはいらなかった」

「今日は暑い」

など思っていた感覚と実際値には差がありました。

 

これって、経理にもよくあることで、

「お金は使ってない」

「無駄な買い物はしていない」

だけど、お金が残っていない。

 

よくよく調べてみると、お金を思っている以上に使ってしまっていることはよくあるもの。

 

数値化しないと分からないことってたくさんある。

 

数字と向き合うのが難しい理由

 

数字と向き合うのは難しいと感じる。

数字のこと考えるのは嫌。

という方もいますが、数字は唯一裏切らない、事実です。

 

何事も数値化することで、実際値が分かるので、ぜひ試してみましょう。

 

私が数値化しているのは、

・時間

・お金

・体重

・摂取カロリー

数字にすると、改善点も見つかりやすくなります。

 

まずは数値化して、改善点を知ることをおススメします。

 

まとめ

 

感覚に頼らず、数値化することのメリットは、根本的な改善に繋げれます。

 

感覚に頼るとどうしても、再現性のない改善になったり、中途半端な改善しかできなくなってしまうので、数字と向き合う勇気を思って、まずは数値を意識してみましょう。

 

【編集後記】

新規の方の経理立上げ作業と、とある改善に係る取引先とミーティングでした。

来年に向けて、いろいろ準備しています。

 

【1日1新】

ドイツ土産のお菓子

Hさんの経理立上げ

ABOUT ME
araihirofumi
araihirofumi
経理のフリーランスとして仕事をしている「超経理 新井」です。 資金繰りを通して、お金の診断を行い、手元に残るお金を増やすサポートさせて頂いています。 今のお客さまの中には、1年で売上が6倍、手元に残るお金が10倍になったお客さまもいます。 「攻めたい社長」に並走できる、経営の分かる経理マン。会社の財務基盤を強くする専門家。 ✓毎月のお金の心配から解放されたい…! ✓経理業務の煩わしさを何とかしたい…! ✓社長が本来すべき、未来をつくる仕事に専念したい…! そんなあなたに、客観的に数字に向き合い、タイムリーな財務情報の提供を通じて、テンポの良い意思決定と強い経営基盤づくりをサポートしています。 地味で面倒に思われがちな経理業務ですが、数字が見えているからこそ積極的に経営に係われるはず…!そんな思いを込めて「超経理」と名付けました。