副業

副業の始め方(3/3回)

副業を始めて2年。

副業を始めたいけど、まずは何から始めたらいいか?分からない方に向けて、準備編として3回に分けて書いてみます。

1.副業の目的を決める

  1. 1.収入源を増やす
  2. 2.独立の準備
  3. 3.経営感覚を身に付ける

2.副業していることを発信する

  1. 100人に知ってもらえたら話がやってくる
  2. ネットも利用してみる

3.小さく始めてみる⇒今回のお話です。

  1. 最初はクラウドワークも手
  2. セミナーを無料でやってみる

今回の記事は、副業はまずは「経験する」というお話です。

1.最初はクラウドワークも手

副業は、商品やサービスを作る⇒集客⇒販売だけではなく、いきなり販売することもできます。
それが、クラウドワーク。

今はたくさんのクラウドワークであり、在宅でできることも多くあります。
例えば、
・ランサーズ
・クラウドワークス
が有名ですが、私のように経理をしている方なら
・メリービズ
も有名どころです。

その他は下記に載せておきますので、参考までに。

クラウドワークでは儲からない、稼げないと言われることも多いですが、副業で稼いだことがないなら、まずは儲けるよりも「稼ぐ」ことを重視したほうがいいと考えています。
私も過去にクラウドワークをやってみましたが、お金のことだけを言うと、大きく稼ぐことは難しいかもしれませんが、お金が減ることはなく、むしろ増えます。
その分、時間を取られますが。

ただ、私がクラウドワークでも、まずは始めたほうがいいと考えるのは、クラウドワークがどのようなものか体験しておくこと。
聞いたことがあるのと、体験したことがあるのでは、違いは大きく、体験したからこそ、改善ができると思っています。

クラウドワークだけを副業をするのはおススメしませんが、クラウドワークをきっかけに副業を始めていくもの手です。

2.セミナーを無料でやってみる

知ってもらうためにセミナーが有効というのは、前回の記事でも書きましたが、セミナーを最初の副業に入れるのも手です。

セミナーのメリットは、
・思考を言語化できる
・複数のことに応用できる
メリットがあります

・思考を言語化できる

副業では、自分ができることを相手に伝えなくてはいけません。

そのために必要なのが、言語化。
お客様に見える(聞ける)形にするにするためには、セミナーは有効です。

・複数のことに応用できる

この他にも、セミナーは録音、録画をすることで他のことにも応用できます。
例えば、動画販売や音声販売、スライドの販売など。

売ること以外にも、セミナー参加者限定の無料配布という方法もあり、
ひとつのセミナーで複数の売り方につなげられるのも強みです。

まとめ

副業のきっかけは、本当にささいなことから始まりました。
本当は、自分ができること(経理)以外をやろうと思っていたので。

ただ、この副業を始めてよかったと思っています。
この副業をやっていなければ出会えなかった方と出会えたり、行けなかった場所にも行くことができました。

副業なので、今後変えていくこともできますし、副業だからこそ、変えていけるのも強みではないでしょうか。(リスクは少ないので)

副業、やってみたいと思ったら始めてみましょう。

【編集後記】
昨日はお正月休み、最終日。
特に変わったことはせず、4時に起きて走り、仕事をしました。
今回は、初めて帰省をしませんでしたが、起業体験をリアルにできたことは今後に役立ちそうです。

【新体験】
東海地方から個別相談
確定申告終了

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。