2.法人化と節税

法人設立はここから始める!法人の作り方セミナー5~これでもう会社を作るのも怖くない!講座の振り返り~

こんにちは!手元にお金を残す「超経理」の新井です。

今日は「法人設立はここから始める!法人の作り方セミナー」第5回目です!(前回記事はこちら

今回がシリーズ最後の記事になります。

今までのおさらい

では、「法人設立はここから始める!法人の作り方セミナー」で学んできたことを、おさらいしていきましょう。

Step1「法人の目的」では、節税、法人のメリット・デメリット、会社の作り方を学び、会社を作る判断がしっかりできるようになりました。

Step2「事前準備をする」では、最初に決めること、必要書類について、準備しておきたいことを学び、スムーズに会社を作れるようになりました。

Step3「設立後の資金計画を作る」では、6ヶ月分の運転資金の確保、借入れ、給料で生活することを学び、設立後のお金が見えるようになりました。

このセミナー記事を通して得られることは、

戦略的な法人設立ができる!

スムーズに会社を作れる!

リスクを事前に防げる!

そうすると、

スムーズに法人設立ができて、早く事業拡大ができるようになります!

今後やっていただきたいこと

今後、ぜひみなさんにやっていただきたいことは、

まずはスケジュールを作成すること!

会社を自分で作りたい場合は、このセミナーの内容を振り返りながら、一つずつ理解して進めてみてください。

法人設立には、とにかく事前準備が非常に重要になってきます。

法人設立は、自分ですることも可能!

法人の設立は、自分でもできます!

自分でやってみたいという方は、ぜひチャレンジしてほしいなと思います。

法人設立を外注した場合のプラス10万円をどう捉えるか

もちろん自分でも法人設立はできますが、ここでもう一度外注する場合についても確認してみましょう。

合同会社を作る時、外注すると20万円くらいかかるとお話をしました。外注せずに自分で作った場合も10万円ぐらいはかかります。

その差額、プラス10万円をどう捉えるか。

自分で法人を作ると、期間は1ヶ月から遅いと2ヶ月くらいかかってしまいます。ですが、外注すると早ければ2週間くらいで作れます。

この時間を10万円で買うと考えれば、非常にコストはいいのではないかなと新井は思います。

例えば、1ヶ月間、8時間労働して10万円であれば、時給に換算すると625円になりますよね。皆さんの事業であれば、これくらいは当然とれると思いますので、時間とコストを比較検討した上で、自分でやるのか外注にするのか判断してみてください。

困った時は・・・

どうしても分からないことがある、困ったことがある方、アドバイスを受けながら法人設立をしたい方向けのメニューもご用意していますので、

お気軽にこちら↓からご相談ください。

info@hirofumiarai.com

いかがでしたでしょうか?

以上で「法人設立はここから始める!法人の作り方セミナー」は終わりです。

法人設立について分からないことがでてきたら、このセミナーの内容をぜひ読み返してくださいね!