マラソン

雪の中を快適に走れる防水のジョギングシューズ

雪の中も普通のジョギングシューズで走ってきましたが、足が寒く、濡れると冷えて感覚もなくなってきます。

雪が固まっている場合はマシなのですが、溶け出してシャバシャバの雪になるとシューズはずぶ濡れになってしまいます。

そこで、足の冷えや濡れるのを防いでくれる、防水のジョギングシューズで走ってみました。

目次

防水のジョギングシューズ

結論から言うと、表題の通り雪の中で走っても快適に走れます。

私が購入したのは、『ARC`TERYX NORVAN VT GTX』。

ARC`TERYX(アークテリクス)カナダのメーカーで、山を走るトレイルランや登山など、山に使う商品を多く取り扱っています。

URL:https://arcteryx.jp/

防水シューズのメリット・デメリット

防水のシューズを知ったのは最近で、購入したのは2月7日。

その後、3回ほど走ってみて感じたメリット・デメリットを書いておきます。

防水シューズのメリット2つ

防水シューズのひとつ目のメリットは、『足が冷えない』こと。

このシューズで走ると、雪の中で濡れないことはもちろん、防風も効くため足が冷えません。(私の場合は)

試しに、7cmくらい積もっている道を10km走ったり、5cmくらいの水たまりを30mくらい走ってみましたが、防水がしっかりしていて濡れませんでした。

防水がしっかりしているシューズのため、暴風にも強いです。

氷点下で道が凍っている中を走ってみましたが、足がしっかりホールドされており、風も入ってこないため足が冷えません。

足が冷えると、ジョギングで足が地面に着地する瞬間の動きが悪くなり、フォームが崩れる原因にもなるため注意しましょう。

ふたつ目のメリットは、私が購入したトレイルランにも使われるシューズは、ソールに、「ラグ」と呼ばれる突起が付いていること。

これが高いほど地面にグッと食い付き、走行中の滑りを防いでくれるため、雪道でのスリップを防ぐ効果があります。

雪道を走ることがある方は、いちど防水シューズを試していただければ。

防水のジョギングシューズのデメリット

防水のジョギングシューズは雪や寒さに対しては快適でメリットが大きいものの、デメリットもあります。

ひとつは、『値段』

私が履いている通常のジョギングシューズは1万円以下が多いですが、防水のジョギングシューズは高いものだと3万円。

冬限定で履くシューズになるため、たくさん購入する必要はないものの、購入するとき一瞬ためらってしまいます。(ためらわない方もいるかもしれませんが)

ふたつ目のデメリットは、『クツが硬い』

硬いのは2カ所あり、ひとつがソールの硬さ。

山を走るシューズでもあるため、地面をしっかりと捉えるために、硬くしてあると考えています。

ただ、このソールの硬さは慣れてくると気にならなくなりました。

ふたつめの硬さは、アッパーの部分。

防水を効かせるために、生地自体が伸びる素材ではなく、硬めです。

私は初めて走ったときは、足が慣れておらずクツズレをしてしまいました。

これも、慣れの部分が大きく、2回目以降はクツズレしませんし、快適に走れています。

まとめ

雪の中を走る機会がある方は、防水のジョギングシューズがひとつはあってもいいかもしれません。

前述の通り、通常のジョギングシューズに比べると走りにくい部分はあるものの、雪の中でインターバルなどのスピード練習をすることは少ないのではないでしょうか。

それよりも、足が冷えずに快適にジョギングをする手段として、防水シューズはおススメですので、試していただければ。

【最近の新体験】
決算に関わるとある問い合わせ

ABOUT ME
araihirofumi
araihirofumi
経理のフリーランスとして仕事をしている「超経理 新井」です。 資金繰りを通して、お金の診断を行い、手元に残るお金を増やすサポートさせて頂いています。 今のお客さまの中には、1年で売上が6倍、手元に残るお金が10倍になったお客さまもいます。 「攻めたい社長」に並走できる、経営の分かる経理マン。会社の財務基盤を強くする専門家。 ✓毎月のお金の心配から解放されたい…! ✓経理業務の煩わしさを何とかしたい…! ✓社長が本来すべき、未来をつくる仕事に専念したい…! そんなあなたに、客観的に数字に向き合い、タイムリーな財務情報の提供を通じて、テンポの良い意思決定と強い経営基盤づくりをサポートしています。 地味で面倒に思われがちな経理業務ですが、数字が見えているからこそ積極的に経営に係われるはず…!そんな思いを込めて「超経理」と名付けました。