資金繰り

資金繰り表の重要性【事業継続に必須】

継続的にビジネスをしていくなら、「資金繰り」が必須です。
 
 
 
会社がつぶれるのは、赤字ではなく、キャッシュアウトが原因です。
どんなに赤字であっても資金繰りを上手くやって、キャッシュがあれば会社はつぶれません。
 
決算書を見ていても、会社の未来を創造することはできないので、ビジネスを継続していきたいと考えているなら、まずは資金繰り表を作成して、会社の未来のお金を予測することから始めてみましょう。
 
 
●資金繰りの重要性3つ

☑ 資金繰りを上手くやれば会社はつぶれない

☑ 黒字倒産の理由はキャッシュアウト

☑ 家賃も含めて支払いが先になるから手元現金が必要

 
 

資金繰り表が必要な理由

 

☑ 売上があるけど、手元にお金が残らない

☑ 売上は意識しているけど、手元現金は把握できていない

☑ 毎月の資金残高がギリギリ

 
これの1つでも心当たりがあるなら、資金繰りを作ってみましょう。
 
 
 
売上は後から入金されることが多く、売った瞬間に現金になることがありません。
 
これはサイトと呼ばれており、3月31日に売ったものが4月30日に入金されたら、入金サイトは30日(30日サイト)となります。
 
 
支払いの多くが売上の入金よりも先に支払うことが多く、
 
例えば、
・家賃⇒前月支払いが基本(4月分の家賃は3月31日までに支払い)
・商品を仕入れる⇒支払いが先で入金は売った後
・セミナーで学んで仕事に活かす⇒セミナー代を先に払う
など、支出が先入金があと
 
入金までの期間も、お金が減っていき、回収が遅れると、キャッシュアウトしてしまう場合もあるの注意が必要です。
 
だからこそ、資金繰りを立てて、お金が回るように計画することをおススメしています。
 
 

資金繰り表のメリット

資金繰り表の作成には、次の項目が必須です。

 

☑ 経費:固定費+変動費

☑ 給料:毎月の生活費

☑ 借入金の返済額

 
 
この3つがあれば資金繰りはでき、あとは個別事情の調整をするだけでできます。
 
金額も千円単位~万円単位で十分で、細かくしすぎないことがポイントです。
 
基本的には、常に見るものではなく、月に1回見直しをすれば大丈夫。
 
 
私の場合は、
・仕事用の資金繰り表
・プライベートの資金繰り表
を作成しており、月に1回見直している程度で運用しています。
 
 
資金繰り表の最大のメリットは先が見える
 
人は先が見えないことが一番不安であり、先の予測ができれば事前に対策も打てます。
 
 
特に、変化が激しい近年は、1年や10年先を考えるよりも、まずは3カ月先をしっかりと見えるようにしておきましょう。
 
 
 
 

まとめ

資金繰りは事業を継続していく上で最も重要なことですが、資金繰り表を作っている方は少なく、知られていません。
 
多くの方は、資金繰り表よりも、決算書(確定申告書)のほうが知っている方も多いのではないでしょうか。
 
しかし、決算書は売上や経費を基に、事業の過去の資料として計算されるものであり、資金繰りは今とこれからを示すものとなります。
 
ビジネスを継続的に、計画的に進めていくためにも、資金繰りを一度作ってみることをおススメします。
 
 
 
ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。