マラソン

雪の中で走るときの注意点3つ

先日、雪の中を走ってきました。

そのときの動画はこちら。

雪の中を走るのは、高校のとき以来で、久しぶりです。

雪の降る中でも走りたい方向け(相当少ないと思いますが)に、注意点を3つ書きますので、参考にしていただければ。

雪の中で走るときの注意点3つ

雪の中で走るときの注意点は3つです。

  1. 足元に注意
  2. 厚木をしすぎない
  3. ホッカイロはおススメ

①足元に注意

雪の中で走るときは、滑ることもありますが、最も注意したいのはデコボコの路面。(車にも注意する必要がありますが)

雪の中は視界が悪い上に、雪が重なって段差ができていたりします。

足も冷えやすいので、うっかり足をひねってしまうと捻挫をしてしまうこともあるので、注意しましょう。

おススメは、車の走った道や圧接されている場所。

スピードを出して曲がったり、凍結していなければ、そうそう滑ることもありません。

走るときはストライドを狭めて、ピッチ走法で走っていきましょう。

②厚木をしすぎない

雪の中で走るときにやってしまいがちなのでが、極度の厚着。

雪の中でも走ることで汗をかきます。

厚着をすることで、大量に汗をかいてしまい、それが急激に冷えて体温を奪われてしまうので、汗が出る手前くらいの服装がおススメ。

私は、雪の中で走るときは、厚手のロンTとトレーナーだけにしており、ウィンドブレーカーは着ていません。

個人差はあるかもしれませんが、私は走り出しのときに少し寒いと感じるくらいの服装にしておき、走って身体が暖かくなるくらいにしています。

いくつか試して、自分にあった服装にしましょう。

③ホッカイロはおススメ

走っていると手が思った以上に冷えます。(足も冷えますが。。)

手袋をしているとはいえ、腕を振ることで常に風をきることになるので、ホッカイロがあると便利です。

私の場合は、手袋を二重(薄手と厚手)にしておき、その上でホッカイロを持って走ることで、手が冷えるのを防いでおり、実際に90分走っても大丈夫でした。

最近見つけた、桐灰化学 「めっちゃ熱いカイロ マグマ」は、これまでのホッカイロよりも暖かく、おススメです。

最高73℃まで上がり、平均で61℃と書いてありますが、雪の中を走るときに持っていても、やけどすることはありません。

手が冷えて困ると感じている方は、ぜひ試していただければ。

まとめ

雪が降ったら休むという考えもありますが、私の場合は雪が降ってもトレーニングを続けています。

1月~3月にレースがある方はもちろん、レースに出ない方も基礎体力をつける期間にすることができます。

更に、冬は夏よりも基礎代謝があるときなので、身体を絞るにはもってこい。

寒いと外に出たくなるかもしれませんが、春に向けた土台を作りとして、雪の中も走ってみてはいかがでしょうか。

【最近の新体験】
大野市のロードでインターバル
ETCの修理

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。