時間術

スケジュールに「空白」を作るためにやったこと

スケジュールに空白を作るのが下手で、油断するとスケジュールがいっぱいになってしまいます。

昔は、空白があると不安になっていましたが、今は空白のメリットを感じているので、今回は私が考える空白のメリットと、空白を作るために取り組んだことを書いておきます。

空白のメリット

■空白のメリット
・すぐに動ける
・新規案件を受けられる
・新しい挑戦ができる

・すぐに動ける
スケジュールがいっぱいだと、身動きが取れません。
最近だと、気分を変えるためにホテルにこもっってblogを書いてみました。これも時間に終われていたらできなかったでしょう。

移動を考えるとそれなりに時間はかかるし、家に比べると設備は落ちます。
(打ち合わせをする場合、マイク、照明、カメラなど)

・新規案件を受けられる
スケジュールに空白がないと、新規案件を受けることはできません。

新規案件には時間がかかるもので、いい仕事(自分の中での基準で)が来ても、空白がなければこなすことは難しくなります。

空白があるからこそ、新規案件を受けることができます。

・新しい挑戦ができる
挑戦にも時間はかかります。

すぐに売上になるものではないので、挑戦⇒改善を繰り返すには時間は必要。

空白があるからこそ、挑戦もできるのではないでしょうか。

「空白」を作るためにやったこと

「空白」を作るためにやったこと
・営業時間の設定
・「とりあえず」の排除
・仕事の見直し

・営業時間の設定
最初に取り組んだのは営業時間の設定。

経理業(副業)を始めたころは営業時間を決めておらず、開始時間だけを決めて(4時)終わるまでしており、結果的に151時間になることもありました。

そこから、試行錯誤上、現在は水曜と金曜はと、21時以降は打ち合わせをしないようにしています。

先に時間を決めることで、どうすれば達成できるかを日々考えるようになるので、今「空白」が少ないと感じたら、仕事を効率化して時間を圧縮することともに、営業時間を設定していまう。

この二刀流が効果的なのでオススメです。

・「とりあえず」の排除

経理業を始めた当初は、「とりあえず」をやりすぎていました。

・とりあえず会う
・とりあえず話を聞いてみる
・とりあえず仕事を受けてみる

今では、事前に話す内容を洗い出しておき、実際に話しを聞くときに具体的な話ができるようにしています。

これはオンラインになった今でも、心がけており、とりあえず打ち合わせしましょうというのは避けるようにして、お互いの時間が無駄にならないように心がけています。

・仕事の見直し
空白を作るために、もっとも時間をかけているのが、「仕事の見直し」。
・進め方
・受け方
・単価
・業務内容

ひとつの仕事をスタートからゴールまで、全体的な効率化を進めていくほうが効果は大きくなります。

もし、仕事の効率化が進まないと感じる方は、細かく分けて、改善してみましょう。

【編集後記】
昨日は、朝にBlogの改善、昼からは子供と公園へ。「寒いから帰る」言いながら、途中でアイスを食べていましたが。

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。