記録術

記憶に頼らず記録する

今年が始まって10日。

 

まだ10日と考えるか、もう10日で考えるかで感じ方は人それぞれかもしれません。

 

ただ、10日前のことを鮮明に覚えている方は少ないのではないでしょうか。

 

私の元旦は、いつも通りに起きて(4時50分)、ルーティンをこなし、自分の年次決算を仕上げました。

 

私にとって年間の数字を出すのは特別なことではなく、毎日の積み重ねのひとつです。

 

 

 

記録を毎日するメリット

記録を毎日していると、どこで区切ってもすぐに数字の把握ができます。

数字は過去の積み重ねであり、数字にウソはありません。

1日24時間を何に使っていたか、お金は何に使ったか、すぐに分かりますし、食べ過ぎたときは体重が増えていたり、食事制限をしていたときは体重が減っていたりと、自分の行動や変化もすぐにわかります。
これが、月に1回だと分かりません。

 

毎日変化するものだからこそ、記録も毎日つけた方がメリットは大きく、修正もすぐにできます。

 

 

ここを記憶に頼ってしまうと、あいまいな部分も出てきて、自分を管理することは難しいでしょう。(覚えている方もいるかもしれませんが)

 

記憶に頼らず記録に残す

 

記憶というのは、何より忘れてしまうこと。

 

印象に残ったこともイメージとして残ることはあるものの、客観的な視点にはなりません。

 

だからこそ、記録に残して、客観的な目で自分の行動を見直し、悪かった部分を修正するのに役に立ちます。

 

記憶には感情が出てしまうのも悪い点。

 

記憶というのは自分の感じたことをイメージすることが多く、純粋な結果になりません。

 

  • ●は良かった。

■■は楽しかった。

など、抽象的なものが出てきてしまいます。

 

記録は、まず結果が出ます。

 

  • ●は楽しかった。ではなく、どう楽しかったのか。どのくらい楽しかったのか。など、具体的にすることで、今後の改善にも役に立つのでおススメです。

 

特に、お金や時間は数値化できるので、記録をするなら、時間とお金から始めてみましょう。

 

まとめ

 

記録には結果が付いてきます。

 

ここと向き合うために記録をし、見直すことが重要になります。

 

うやむやにしたくなることでも、数字にすれば、目を背けることはできません。

 

私も食べ過ぎたときのカロリーを見て、翌日は食事制限をしたり、運動を増やしたりして調整を図っています。

 

2019年に新しいことに挑戦したい、何かを変えたいと思ったら、まずは記録から始めてみてはいかがでしょうか。

 

【編集後記】

昨日からダイエットを始めました。

年末年始に太ったからという理由ではなく(むしろ痩せた)、3月のフルマラソンと5月のウルトラマラソンに向けてです。

 

【1日1新】

仕事中に柿ピー

 

【本日の息子】

年末年始でおもちゃが増えたこともあり、消防士になったり、仮面ライダーになったりと変身をよくします。

戦うシーンも増えているので、ケガが心配です。

今日はこたつからジャンプを繰り返していました。

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。