経理

インボイス制度の手続き

消費税にかかわるインボイス制度の登録が昨年10月から始まっています。

これまで消費税を納めてきている(課税事業者)方にとっては、忘れてはいけない手続き。

免税事業者にとっても、課税事業者になるかならないかの選択が必要になります。

インボイス制度の手続きについてまとめておきますので、参考になれば。

インボイス制度の概要

インボイス制度はひとことで言えば、事業者(会社を含む)が、課税事業者になって消費税を納めることになる制度のことです。(詳細は省略)

結論だけ知りたい方

令和5年(2023年)3月31日までに、「適格請求書発行事業者」の登録を完了させる。

詳細な申請期間と手続き方法

登録に必要なこと

「適格請求書発行事業者の登録申請書」(以下「登録申請書」)を税務署に提出する。

申請から登録までの期間

〇令和5年(2023年)10月1日から「適格請求書発行事業者」になりたい方
 ⇒令和3(2021年)10月1日~令和5年(2023年)3月31日まで「登録申請書を提出する。

〇それ以外
 ⇒申請書の提出後、2週間~1カ月で「適格請求書発行事業者」の登録が完了されて通知書が届く(通知書に登録日が記載されている)。

※登録までの期間は、E-TAXで2週間、紙の郵送で1カ月が目安とされています。

免税事業者の注意点

課税事業者:

「登録申請書」を税務署に提出して登録を完了させるだけで終了。

免税事業者:

【通常】
1.課税事業者になる(消費税課税事業者選択届出書を提出ののち)
2.「登録申請書」を税務署に提出して登録を完了させる。

【特例】
1.2023年10月1日を含む課税期間(個人事業主=2023年1月1日~2023年12月31日)であれば
2.「登録申請書」を税務署に提出して登録を完了させるだけで終了。

※提出日から課税事業者になるため注意
 2023年10月1日:登録が完了=2023年9月30日までは免税事業者、2023年10月1日から課税事業者として「適格請求書発行事業者」となる

記事の注意事項

この記事は、基本的に免税事業者に向けて書いています。
この記事は、一般的な手続きについて記載していますので、この情報に基づき万一、損害を被ったとしても、新井博文は一切の責任を負いかねますので、御了承ください。

まとめ

課税事業者は、期間を忘れず手続きをしておきましょう。

免税事業者は課税事業者になるかどうかの選択が必要となるので、そこを含めて検討しておきましょう。

2022年中は検討する時間がありますので。

【新体験】
ホテル アゴーラ リージェンシー 大阪堺
トライアスロンバイクの修理に福井から大阪まで車を運転

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。