軸を作り

苦手ならやめる工夫

※好きなオムライス

苦手を克服する前に、やめることができないか考えるようにしています。

好きで苦手ならやる価値はありますが、苦手でイヤなことがあれば、やめるようにしましょう。

・苦手×イヤなこと

これまでは、苦手なことやイヤなことを実践してきたこともあります。

仕事だと、
・手書きの仕事
・徹夜の仕事
・大量の仕事
があり、

生活の中だと、
・アイロンがけ
・服選び
・共同生活
などがありました。

ただ、今はすべてやっていません。

苦手でイヤなことを工夫しても、なかなかうまくならず、うまくいったとして、継続していくのは難しいでしょう。

だからこそ、苦手でイヤなことはやめられないか考えてやめてきました。

先ほどの例だと、
・手書きの仕事→データに変える
・徹夜の仕事→朝に変える
・大量の仕事→効率化
・アイロンがけ→クリーニング
・服選び→お気に入りを5つ購入
・共同生活→ひとり暮らし
を実践して、やめています。

これは、年齢や状況によっても変わることなので、いちどやめても、再度始めたらいいと思っていて、今の時点で苦手でイヤなことがあれば、まずはやめることができないか考えてみましょう。

・苦手でも好きなら続ける

苦手であっても、好きなことであれば続けています。好きであれば、苦しくはないですし、楽しめるのではないでしょうか。

私も苦手ですが、好きなことは続けています。
・日記
・スイミング
・掃除
など、苦手ですが、好きなことなので続けることができています。

最近だと料理。

もともと料理は、苦手でイヤなことでしたが、ひとつのきっかけにで好きになり、続けることができています。(苦手は変わりませんが)

ただ、好きなことであれば続けることができて、その結果すこしずつうまくなっていきます。

それは、好きだからこそ、研究したり、学ぶことができるから。

苦手でも、好きならまずは続けてみましょう。

・まとめ

当たり前のことであるものの、苦手でイヤなことに時間を使ってしまっていないでしょうか。

私は、苦手でイヤなことを乗り越えることが大切だと思っていた時期がありました。

そこから、少しずつ苦手でイヤやなことはやめるようにして、好きなことで得意なことに時間をさくようにしています。

好きなことだけをしていいの?という考えもあるかもしれませんが、苦手でイヤなことは、うまくなる可能性は低く、続かないでしょう。

それよりも、好きで得意なことを続けて、それを磨くほうがメリットは大きいと考えています。

もし、苦手でイヤなことがあるなら、やめる方法を考えてみましょう。

【編集後記】
昨日は、月次の締め処理とマニュアル作り。夜は税理士さんと社長の打ち合わせに同席させてもらい、今後の事業についてMTG。
事業の全体を把握して、見直しを毎月すること。それを社長と一緒にしていくことが大切と改めて実感。
週末に向けて、動画配信の準備。

【新体験】
新しい料理:白菜と豚肉
月次の締め処理を新しいやり方で

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。