時間術

スキマ時間のやることリスト。

※スキマの場所

スキマ時間をうまく使うために、スキマ時間のやることリストを作っています。スキマ時間は思いがけずできることもあり、事前に準備しておくとスキマ時間を効率的に使えるのでおススメです。

スキマ時間

スキマ時間は、事前に分かっていないことも多く、突然できるもの。

例えば、
・電車が遅れる
・予定がキャンセルになる
・夜中に目が覚めて眠れない
など、短いスキマ時間もあれば、長いスキマ時間もあります。

だからこそ、スキマ時間ができたときに何をするか、それを考えないように事前にリスト化しています。

こうしておかないと、そのときに何かしようと思っても思い浮かびません(私の場合は)。

何もないときは、読書の一択と決めていますが、何かしらスキマ時間でできることも多く、そのときになって考えないようにしておくと効率的に時間を使うことができます。

スキマ時間にやることリスト

スキマ時間にやることとしては、急ぎではなく重要でもないこと。

時間管理でいう第4領域の仕事で、私の場合は、ここに書類のファイリングやパソコンのデータ整理、スマホのアプリの整理などを入れています。

定期的に整理をしていますが、再チェックをしたり、必要に応じて修正をすることも。

スキマ時間は長く取れるわけではないので、すぐに終わるものや、ひとつずつ完了できるタスクがおススメ。

重要な仕事だと、集中する必要もありますし、ときにはパソコンを使えない場面も出てくるので、さっと取り組めて、さっと終わるものをスキマ時間のやることリストにしておきましょう。

まとめ

スキマ時間は突然発生することも多く、そのときに考えると何もできずに終わってしまいます。

事前にリスト化をしておき、さっと始めてさっと終われるように準備をしましょう。

私はリストがすぐに見れるように、Evernoteを使っています。

スキマ時間も積み重なると大きな時間になるので、スキマ時間の使い方のトレーニングとして、リスト化はおススメです。

【編集後記】
昨日は、経理の立ち上げ作業。会計ソフトが使えない状況だったのでExcelで作成。おおかた終わったので、ここから会計ソフトへインポートして年次決算を仕上げます。

【新体験】
キッチンバサミ

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。