軸を作り

トレーニングで成果が出なかったときにどう活かすか

トレーニングをしても成果がなかなか出ないときはあります。

それは、トレーニングの量や質の問題もありますが、やり方の問題もあるかもしれません。

ただ、どれだけトレーニングをしても成果が出ないときもあるのではないでしょうか。

トレーニングで成果が出ないときにどうするか。がむしゃらにトレーニングを繰り返す方法もありますが、私はそのときに備えて最初に決めていることがあります。

トレーニング

トレーニングとは、スポーツに使われることが多いですが、私の場合は初めて取り組むことや慣れていないことだけではなく、仕事や日々取り組んでいることもトレーニングのひとつ。
例えば、お金や時間の使い方、トライアスロン、このBlogも書くトレーニングという位置づけとして、日々取り組むようにしています。

どんなに長年のトレーニングで身について、慣れていることでも、トレーニングをやめるとできなくなってしまうのではないでしょうか。

だからこそ、継続してトレーニングをして力や技を磨いておくしかありません。

トレーニングで成果が出なかったとき

トレーニングをしても成果が出ないときは、メンタル的にもきつくなった経験は誰しもあるのではないでしょうか。

毎回、成果が出ればいいのですが、そうでないことも多く存在します。

そんなときに、メンタル的にへこむことがないように取り組んでいることは、次のようなこと。

①違う方法を試す
②いったんやめてみる
③ネタにする

①違う方法を試す

成果が出なかったときは、違う方法を試すのがいちばん早いので、まずは違った方法を試しています。

違う方法がすぐに思いつくときは、その方法を試しますが、分からないときは、本を読んだり、人に聞いたりして、新しいトレーニングを見つけています。

ひとつのトレーニングに固執すると余計に苦戦してしまうので、違う方法を試してみましょう。

②いったんやめてみる

成果が出ないときに無理に成果を求めると上手くいかず、深みにはまっていく場合もあるので、成果が出なくて困ったら、いったんやめるのもひとつの手段。

過去にBlogを書いていたときも、上手くいかずやめたことがありました。

ただ、過去の自分に合っていないことが、今も合わないとは限りません。

スポーツ選手でも、引退してから復帰する方もいますし、やめたからこそ見えることもあります。

もし、成果が出なくてきついと感じたら、いったんやめてみるのも手段のひとつです。

③ネタにする

個人的には、これがいちばんいいと思っています。

どんなことでも、ネタにして、Blogや発信に役立てることはできます。

この発想だと、挑戦は常にネタにできますので、試してみましょう。

うまくいかなかったことも、ネタにすることで、冷静な分析もできてきます。

何が失敗か、どういったことが原因になったのか、深堀りにも役立てるので、発信のネタにしてみましょう。

まとめ

トレーニングをしても、成果が出ないこともあり、継続するのがきつい場合もあります。

ただ、トレーニングは継続してこそ成果も大きくなってくるため、どのように長く継続できるか先に決めておくと気持ち的にも楽になってきます。

トレーニングは、いちどにたくさんしても身体への負担が大きく、身に付かず、継続もできません。

トレーニングを日々継続していくためにも、
①違う方法を試す
②いったんやめてみる
③ネタにする
をやりながら取り組むと、長続きもしやくなってくるのでおススメです。

【編集後記】
連休は、トライアスロンの練習コースの下見をかねて移住先の確認。走るコースと自転車のコースを走り、良い環境でトレーニングができそうです。
あとは、日程調整のみ。

【新体験】
参代きく水 鮨
ミルクパレット
自転車でとある温泉
伊藤牧場の焼き肉屋
スイミング1km

【独立まで5日】

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。