自分の市場価値を知るために定期的に転職活動をしてみる

自分の市場価値を知るために定期的に転職活動をしてみる
Pocket

【昨日の運動】

腹筋20×3

懸垂3×3

【体重6kg減への道:▲1.8 kg】

 



 

・サラリーマンだからこそ市場価値を知っておく


 

独立している方であれば、常に戦う場所が市場になるため、市場価値を図りやすいですが、サラリーマンをしていると市場価値を知る機会がありません。

 

サラリーマンは会社から収入を得ているため、評価基準は会社にあります。この評価が必ずしも市場と一致しないため、自分の市場価値を知るために、転職活動をおススメしています。

 

サラリーマンの価値は、会社の評価基準や上司の評価基準に大きく左右され、会社で評価が高くても、市場では低いこともあります。

 

逆に、会社で評価が低くても市場では高い方もいるでしょう。

 

副業で収入を得ていれば、市場価値に触れる機会があるかもしれませんが、それでも今の自分の価値全てを図ることは難しいでしょう。

 

・転職活動で市場価値を知る


 

転職活動をすると必ず必要となることが、履歴書と職務経歴書。

 

これを作ることで、自分の仕事の棚卸し、自分の強み、弱み、できること、できないことを考える機会を強制的に持つことができるため、現状分析に役に立ちます。

 

転職活動をするからといって、実際に転職をしなくてもいいです。

 

転職活動は、転職サイトに登録するだけでもオッケー。

 

サイトに登録しておくとスカウトが来るので、これも参考になります。

 

その他にも、転職エージェント会社に登録すれば、無料で転職の相談ができて、自分の強み・弱みを知るアドバイスをもらうこともできます。

 

もし、気に入った求人が見つかったら実際に面接を申し込むのもいいでしょう。

 

面接を受けて客観的な視点で自分を見てもらうことで、自分ひとりの頭だけで考えるより多くの気づきが出てくるはずです。

 

ただし、先方へ失礼になりますので、本当に転職する気がないなら最終面接は受けないで起きましょう。

 

・今思うこと


 

私のように経理をしていると、営業とは異なり給与の増減が大きくない反面、自分の市場価値は特につかみにくくなってきます。

 

日本は同じ会社に長くいるほど、会社での評価が高くなる傾向にあるので、ひとつの会社に長く勤めていて、転職活動をしたことがない方には特におススメします。

 

市場価値は、勤務期間に長さには関係なく、何をやってきて、何ができるかにかかっています。

 

世の中における自分の市場価値を知るために、転職活動をしてみるとサラリーマンとしての今の価値がみえてきます。

 

自分の市場価値を知り、これから必要となる能力を磨くきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

Facebookでコメントする