②.法人化

【法人成り】経理業:年間スケジュール

会社を作ると、事務作業は増えます。

個人事業主(フリーランス)で仕事をしていたときとは、確定申告の手続きがメインですが、会社を作ると「法人」という、自分の分身が増えたようなもので、こちらの手続きも必要となってきます。

法人とは、
人間ではないが、法律上人格を認められ、法律行為を有効になし、権利・義務の主体となりうる資格を与えられたもの。

https://www.weblio.jp/

法人の年間スケジュール

法人の年間スケジュールは下記のようになります。

※7月決算の法人で、ひとり社長、個人の確定申告、納期の特例がある場合

8月
9月・法人の申告
・法人の税金の支払い
10月
11月
12月・年末調整
1月・税務署に給料の金額を申告
・ 〃 に外注費などの支払金額を申告
・市役所に給料の金額を申告
・ 〃 に10万円を超える資産(土地や家屋以外の)を申告
・給料から天引きした所得税の支払い
2月
3月・個人の確定申告:3/15期限(必要に応じて)
4月・固定資産税の支払い
5月
6月
7月・給料から天引きした所得税の支払い
・年金事務所に給料の金額を申告(7月10日まで)
・決算

個人事業主との違い

個人事業主との大きな違いとしては、下記のこと。

①確定申告が2回

・法人の確定申告
・個人の確定申告

確定申告は、法人の分と個人の分で2回することになります。
法人は、決算期間により異なりますが、決算期から2か月以内。

個人は3月15日が通常の申告期限になっています。

②給料の手続き

・年金事務所に給料の金額を申告(7月10日まで)
・給料から天引きした所得税の支払い(年に2回)
・年末調整
・税務署に給料の金額を申告

法人の場合は、ひとり社長であっても、個人事業主とは異なり、給料(役員報酬)があります。

ここは、個人事業主のときとは大きくことなる部分なので、お金の使い方に注意が必要。

年金事務所にしなくてはいけない手続きもありますので、注意しましょう。

手続きはすべてオンラインで電子申請ができます。ただ、電子申請をするには、電子証明書がないとできません。

電子証明書とは、電子の印鑑。
無料ではありませんが、手書きをすることを考えたら安いと思いますので、電子申請を使っていきましょう。

電子証明書の参考URL:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00028.html

電子証明書があれば、
・税務署:E-TAX
・市区町村:eLTAX
・年金事務所:e-Gove
のソフトを使って電子申請をすることができますのでぜひ。

まとめ

法人成をして会社を作っても、ひとり社長で仕事をしていれば、日々の経理作業が大きく増えることはありません。
ただ、年に数回ある申告には、それなりに手間がかかります。

だからこそ、電子申請を使うとともに、経理作業の効率化、仕事の圧縮をしていくことは欠かせません。

もし、経理を外注したとしても、請求書を集めたり、領収書をまとめるのは本人にしかできないことなので、時間は必要です。

法人成りをしても仕事が増えすぎないように、バランスを取っていきましょう。

【編集後記】
昨日は年度末ということもあり、ひと区切りを感じました。社会人になってから卒業や進級はありませんが、3月というのは身が引き締まります。

【新体験】
・とある場所を検索

ABOUT ME
araihirofumi
経営者に寄り添う超経理をしている「新井 博文」です。 @hiro_araicom 経理歴10年、売上1,000万円~1兆円企業の経理をしてきました。 コツコツした作業や日々の振返り、記録と分析が大好きです。 『売上を伸ばしたいけどどうしたらいいか分からない』経営者の方を対象に、 売上がたっている理由を分析し、 どういう商品が稼ぎ頭になっているかを明らかにして、 次にとるべき行動が見えてくるように 数字で明らかにするお手伝いをしています。 現在は、副業で売上500万円~1億円超の個人事業主や法人向けに経理サポートを行っています。