Blogを始めは自分のために書いてみる

Pocket

【昨日の運動】
30’JOG

取り組んでいることすべてが誰かの役立つ、何かの役立てばいいのでしょうが、そう上手くもいきません。

Blogを書いたからと言って、100%誰かが見てくれるわけでもなく、むしろ読んでもらえない確率の方が高いです。

そして、読まれなければ、当然誰かの役に立つこともありません。

それでもBlogを書いているのは、読んでくれる誰かのためと、自分自身に役に立つからだと考えているからです。

・まずは自分のためにBlogを始めてみる

Blogを始めるときに、最初に考えるのは、
自分が書いた記事は上手くないし、
上手い内容が書けないし、
見られなかったら嫌だし、
など、これらはすべて外を意識して、自分が動けなくなってしまうパターン。

しかし、最初はは外のことを意識するよりも、まずは自分に目を向けて書いてみることをおススメします。

Blogを書くことで、自分に得られるリターン。

自分に向けたメッセージを意識してBlogを書いてみることから始めると少しハードルは下がり、書きやすくなるでしょう。

もちろん読まれるBlogにしていく努力は必要ですが、まずは自分に向けて始めてみましょう。

・Blogを始める効果

Blogを始める効果は主に3つの力が付くことです。
① 時間の力
② 考える力
③ 書く力

① 時間の力
当たり前ですが、Blogを書くには時間が必要になります。
そのためには、早く起きる、残業はしない、無駄な時間はなくす、など、時間の使い方を意識しなくてはいけません。

私の場合は、Blogを朝に書いて、夜に確認して投稿しているので、
早く起きる→早く寝る→早く帰る→残業しない。
という流れを強く意識して日々時間の力を磨いています。

② 考える力
Blogを書くだけでも、考えることは多いです。
 Blogのタイトル、見出し、何よりネタ。

 日々の生活の中にネタはたくさん落ちていますが、意識しなければネタを拾うことはできず、ネタもどのように書くか、考えなくてはいけません。

 この日常的に考えるというのは大きく、新しいネタ、ネタを他の記事よりとはズラした目線など、Blogも奥が深く、考えることはたくさんあります。

③ 書く力
文章を書くには、どう書くか、何を書くかなど、文章を考えなくてはならず、書くことを続けることで書く力もついてきます。

 初めから文才がある方もいるかもしれませんが、書くことを継続しなくてはだんだん力も落ちてくるでしょう。これは、書くことだけではなく、他のことも同じで継続しなければ力は落ちていきます。

・まとめ

Blogも世の中に出すことができて、読まれる可能性が出ます。

世の中に出ていないものは読まれる可能性はゼロであり、誰も見ることができません。

Blogを外に向けて書くと考えると難しいかもしれませんが、まずは自分に向けた記事を書き、世の中に出してみましょう。

【編集後記】
昨日の打ち合わせの連絡がありました。
今度のネタにします。

【昨日の息子】
昨日は(本日行った)バイキンマンの秘密基地に行くのが楽しみなのか、学校でも話していたようです。
そして、昨日は素直にベットに行っていました。
普段からこうだと楽なのですが。

【1日1新】
バイキンマンの秘密基地
Butter(ハーバーランド)
はげみ(作業服店)