新入社員研修のチャンスを活かす

Pocket

会社員をしていると、思いがけないチャンスが巡ってくることもあります。

それをチャンスと捉えるか、めんどうと捉えるかは、本人次第。

周りがめんどうと思うことには、実はいいチャンスになっていることもあります。

・新入社員研修は最高のチャンスと感じるわけ

新入社員研修は最高のチャンスになります。

社長や、役員への説明でもないので、出世に関係しないかもしれませんが、新入社員は会社のことや社会人経験が少ない人が多く、だからこそ、チャンスになります。

特に、自分の仕事内容を説明するなら最高のチャンスです。

新入社員は、会社の中はもちろん、仕事内容も詳しくありません。

何も分からない方へ分かるように説明できることは、強い違いになります。

自分の仕事を全く知らない人に分かるように説明することは、自分の商品の説明にも役に立ちます。

仕事中に当たり前になっている専門用語を使わないというのは大切で、よりかみ砕いた言葉で説明できることは、強みになります。

私も経理のことを話すときにできるだけ専門用語を使わないようにしているつもりですが、長く同じ仕事をしていると、当たり前に使っていることが専門用語であることもあり、これを気づくためには、専門用語を知らない人に話す必要があります。

新入社員はまさに専門用語を知らない対象になるため、新入社員研修を行うと非常に役に立ちます。

めんどうと感じる人も多くいるので、新入社員研修があれば、積極的に講師をしてみましょう。

・まとめ

子供でも理解できる言葉で説明できるようになれば、誰にでも通じるようになります。

会社員なら、新入社員研修の講師を務めることは、非常に勉強にもなるでしょう。

分からない方に説明できることは、強みになりますのでおススメです。

【編集後記】
新入社員研修の資料作成をしていると、つい専門用語になっていることに気づきます。
明日は、新入社員研修の講師。
できるだけ分かりやすい言葉を心がけていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする