時間を作るならMUSTな予定を決める

Pocket

【昨日の運動】

腹筋20×3

懸垂3×3

【体重6kg減への道:▲1.3kg】

・時間の意識の高め方

!時間!

時間ができたら運動をしよう。

時間ができたら勉強をしよう。

こう考えていて、実際に時間ができることはないです。

時間を作ってでもしたことがあるなら、WantではなくMustにして時間を作りましょう。

平日に早起きができない方でも、旅行となると早起きが自然にできる方は多いのではないでしょうか。

旅行のときは出発時間があり、特に電車なら遅れるわけにはいきません。

寝る前には「明日は旅行で●の電車に乗るため、▲時に起きなければならない。」と考えるため、自然に体が起きるように意識します。

この意識をする行動が、早起きができる要因です。

私の場合は、「5時30分の電車に乗らないと、通勤時の電車が混雑するから、4時20分には起きて用意をしようと寝る前に毎日意識しています。」

このおかげで早起きも定着し、4時~5時の起床ができています。(年に2回くらい寝坊するときもありますが。)

5時30分の電車をMustな予定として頭に組込み、意識することで早起きが定着しました。

まずは、時間を意識しましょう。

・時間の作るならMustな予定を入れる

平日残業が続いて夜に時間が作れない。

休日は仕事があり・家族サービスがあり時間が作れない。

このようなことに悩む方も多いかもしれませんが、時間を作るならMust(しなればいけない)予定を入れてしまいましょう。

予定の入れ方は、時間だけでなく、場所、内容など詳細に決めます。そうすることで、予定がより具体的になり、行動に移しやすくなります。

例えば、

日曜日の朝5時からは「●●」を、「××カフェ」で、「◆◆」をするというように、旅行のような計画を立てます。

このように具体的に予定を作ることで、何時に会社を出ないと予定に間に合わなくなるか、何時までは家族と遊んで、何時には切り上げなくてはいけないかが、はっきりと見えてきます。

これをあいまいにしてしまうと、「今日も残業になってしまったし、仕方ない。」、「家族との時間だから来週にしよう。」となって、結局何も出来ずに終わります。

決まった時間を守らないと電車が出ていってしまうように、時間も常に流れており、待ってはくれません。

自分がどう時間に合わせるか。

どうすれば時間に遅れること予定を実行に移すことができるか、やりたいことがある方は予定をしっかり立てていきましょう。

・今思うこと

時間が大切なものと感じ始めたのは6年前。

2012年の税理士試験を目指して勉強を始めた2011年9月です。

それから時間の作り方を学び、試験勉強、フットサル、マラソンに取り組んできました。

今でもたまに時間が足りなくなることがあるため、常に仕事の効率化を進め、予定を強制的に入れています。

初めから上手くいく方は少ないと思いますが、時間は限りのあるものです。

私の人生の残りは約386,936時間(80歳と考えて)、今まで生きた時間は303,864時間。もうすぐ半分になるところまで来ています。

自分のやりたいことのできる時間作れていない方は、Mustな予定を決めてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする