初めて体験するのにいつまで調べてるんですか?

Pocket

【昨日の運動】

7kmgJOG

自転車30km

【体重6kg減への道:▲1.9kg】

・初めて体験するまでを早く

初めての体験を早くすることで、1回目の経験を修正できます。もちろん2回目が悪くなることもありますが、その経験は3回目に活かせます。

初めての体験がいきなり成功することは少ないく、いきなり上手くできることは限られます。いきなり上手くいくような体験なら、challengeレベルが低いのかもしれません。

初めてのことは、不安もあり、色々と調べてからでないと行動に移せない方も多いかもしれません。行動に移すならまだいいのですが、調べているだけで満足したり、調べているうちに疲れて、行動に移せなくなる可能性もあります。

下調べは6割から7割にしておき、早く1回目を体験して、そこから精度も上げていってはいかがでしょう。調べつくすよりも、まずは体験しましょう。

・1回目よりもミスが多かったレンタサイクル

昨日は、2回目のレンタサイクルで京都市内観光。以前、京都市をレンタサイクルで走っています。(京都市を観光するなら自転車がお勧め)

1回目の経験をもとに、色々と準備をしましたが、前回よりも上手くいきませんでした。これを3回目に活かします。

今回のコースは、前回とはコースを変えて「嵐山~金閣寺~宝ヶ池」のコースを予定していましたが、途中で子供が寝てしまったことと、雨模様になってきたので、金閣寺を二条城へ変更して宝ヶ池には行かず帰宅しました。

前回とは違い、

①飲み物と着替えを十分に準備(成功)

②自転車専用道路を遠くに設定(ミス)

③目的地目前で大幅な予定変更発生(ミス)

④予定ルートにたどり着けずに帰宅(成功とミス)

①飲み物と着替えを十分に準備(成功)

前回は飲み物や着替えが少なく、川遊びをしたものの、着替えがないため濡れたまま自転車に乗ることになったので着替えを用意。

飲み物も途中で足りなくなり何度か買うためにお店や自販機を探さなくてはならず、毎回自転車から降ろすの苦労したので余裕を持って準備しました。

②自転車専用道路を遠くに設定(ミス)

これは失敗です。自転車専用道路までが遠く、信号待ちが多かったため走り続けることができず、飽きてしまったのか、途中で何度も降りたがってしまいました。

しかも、自転車専用道路に行く前によった公園で蚊にさされてしまい機嫌が悪くなるという悪循環。出だしは止まらないコース設定が必要です。

③目的地目前で大幅な予定変更発生(ミス)

休憩した広場で水たまりを走らせたのは失敗。しかもクツを履いたままだったし、水道が近くになくて、泥を落とすのが大変。

結局、1時間くらい水たまりを走ったり、泥遊びをして全身泥まみれだったので、泥を洗い流したのは用水路。

水質が気になったけど、結果的に問題はなく助かりました。

④予定ルートにたどり着けずに帰宅(成功とミス)

③の泥遊びで疲れたのか、再び自転車に乗って移動している途中眠りだす。雨も降りだしそうになり、結局宝ヶ池公園にいかずに帰宅。

帰宅後すぐに雨が降りだしたので、これは結果オーライ。

・今思うこと

以前は、下調べを十分過ぎるくらいしてからでないと行動に移すことができない私でした。

調べている間に、時間がなくなり、調べ疲れも出て結局やらなかったこともあります。

それを変えるのは、まず体験する。そこから修正すればいいと発想を変えたことで、体験する量が増加。

今年は、初めての体験を増やすと決めて、まずは体験します。

もちろん、多少は調べてから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする