家計簿をつける際の注意点はカード支払い管理

Pocket

【昨日の運動】

海で泳ぐ

【体重6kg減への道:▲2.5kg】

・家計簿のカード支払いはいつ記帳

カード支払をする場合、カード支払いの記帳を実際に口座からお金が引きとされた時に記帳する方が多いのではないでしょうか。(これを支払主義といいます。)

支払明細が届いて(又は、web明細を見て)から記帳していると、支払いの直前になってから引き落とされる金額が分かるため、資金の確保が困難になってしまうこともあります。

カード支払いをするなら、「発生主義」で記帳しましょう。

※発生主義とは、実際に購入したときに、費用として記帳するもの。

記帳の基本は、カード以外も「発生主義」で記帳しておき、あらかじめ口座からいつ引き落とされるか把握しておき、余裕をもった資金計画をしてくことで、家計簿の価値も高まります。

ただし、毎月定額で引き落とされるのものを把握している場合は、定額のもののみ支払日に記帳しても問題ないでしょう。

支払い日直前になってから慌てないように、事前に引き落とし日を把握しておくことは、心の余裕にもなりますので、発生主義の記帳をおススメします。

・カードで購入した場合の記帳方法

発生主義で記帳をしようとすると、カードで購入したときの書き方(処理方法)をどうして把握していくか迷う方も多いのではないでしょうか。

これは自分が分かる方法であれば、なんでもかまわないので、カードで支払ったこと分かるように記帳します。

私の場合、Excelで家計簿をつけて管理しており、カードで支払った場合は「カード」と記帳しています。

記帳方法は簿記を用いて仕訳を入力して家計簿をつけているため、下記のようになっています。

右から2番目の「カード」という科目を用いて集計を行い、日付(カードの締日)から、カードの支払日と支払額を把握しています。

複数のカードを使用している場合は、「カード1」、「カード2」や「カード(三井住友)」、「カード(楽天)」など分かるように名前をつけておくと、分かりやすいです。

手帳など手書きで家計簿をつけている方の場合は、カードで支払ったものを集約するスペースを作るといいでしょう。

ただ、管理していく上では、Excelを使うと集計や管理していく上で非常に便利で楽なためおススメです。

今回の仕訳の左から4番目の項目も「試合」という項目を使っており、試合にいくら使ったか把握するために利用しています。

項目は、多すぎると複雑になるため、ある程度まとめておく方がいいでしょう。

・今思うこと

カード支払いは、支払った後に引き落としがかかるため、いくら使ったか、又は現在いくら使っているか、把握しておかないと思うわぬ出費に困ることがあります。

余裕を持った資金計画を立てていくためにも、カードを使った時に記帳する「発生主義」を取入れてみてはいかがでしょうか。

家計簿をつけ始めてのは、高校に入ってから。きっかけは、親元を離れ寮生活を始めたことで、いくらお金がかかっているか知るためでした。

その当時は手書きで書いていましたが、4年程前にExcel管理に切り替えました。

生活費の把握にも家計簿を付けていくと役に立つことがあり、将来の資金計画にも役立ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする