夏場に走るのがきついなら日常で鍛える

Pocket

【昨日の運動】

7kmJOG

芝生ダッシュ

【体重6kg減への道:▲2.5kg】

・夏場に走るのがきついな日常で鍛える

!夏!

今年の夏は、朝も昼も関係なく暑く、走るのがきつい方も多いのではないでしょうか。

秋のマラソンシーズンに向けて練習したいけど、この暑さの中で走るのはきついし、練習は嫌だなという方に向けて、一昨日のBlogでは、「ランニング継続のために好きなコースを見つける」という話をしましたが、これはメンタル的に走るが嫌な場合の対処方法として使うものであり、今回は走るのが体力的にきつい場合の方法です。

夏場の練習が体力的にきつい方は、日常で鍛えるという方法を試していかがでしょうか。

一般的には、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う、近距離なら車、電車を使わずに歩く方法があります。

しかし、少し発想を変えて、みんなで楽しく体を動かすという手を試してみましょう。

子供さんがいる方なら、公園で一緒に遊ぶのがいいでしょう。

遊具を一緒に使い(他の子供さんに配慮は必要ですが)、うんていがあれば一緒にする(懸垂も出来ます)、滑り台の階段は二段・三弾飛ばしで登る(ハムストリングス意識)、これで一緒に遊ぶことも出来て、体も鍛えられ、子供さんも喜んでくれるでしょう。

更に、今の季節なら水鉄砲が子供さんに大人気なので、水鉄砲を使った追いかけっこなら、必然的に走れますし、大人同士でも水鉄砲は楽しむことができます。

友人の方と遊ぶ時も、たまには公園や海に出掛けて遊ぶのも楽しく鍛えれます。

公園の遊具が難しければ、芝生をちょっと走ってみる、森林の中を歩くなどで体を動かせますし、遊具を使った筋トレで回数を競い合うこともできます。

ちなみに昨日は、60mくらいの芝生の坂道を大人4人(子4名)が自分の子を抱っこしたままダッシュ。1回で終わる予定が、子供からのリクエストに答えていたら、結局5本くらい走りました。

・夏場に体を鍛えるならこまめ動いてみる

夏場に体を鍛えるのに1時間走るなどすると、ずっと暑い中走ることになるため体がきつくなります。それならこまめに動いて体を鍛えてみましょう。

ロングジョグではなく、坂ダッシュをして休憩を多めにする。昨日私がした坂ダッシュもこれです。

その他にも、砂遊びで鍛えて、プールに入る。

掃除で鍛えて、お風呂に入るなど、暑い中の遊びと冷たいものの組み合わせも有効的です。

こまめに休憩をすることで、体力的にも続くのではないでしょうか。

1日の中で、こまめに動いて、夏場を乗り切ってみましょう。

・今思うこと

一人ではなく、友人達と集まって練習するのも楽しいですが、日常の中でみんなを巻き込んで体を動かす(自分は鍛える)ことも楽しいです。

一つの方法にとらわれず、色々な方法にチャレンジすることも非常に楽しいのではないでしょうか。

夏場の練習をキツイから楽しむ方法を探してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする