仕事をプライベートに、プライベートを仕事に活かす相乗効果。

Pocket

【昨日の運動】
なし

仕事に夢中にならずに、人生に夢中なっていくために、仕事もプライベートも区切りなく取り組むと相乗効果が得られます。

プライベートで学んだことを仕事に、仕事で学んだことをプライベートに活かしていけば、時間の効率化にもつながると考えています。

仕事とプライベートを完全に分けるより、上手くつながてみてはいかがでしょうか。

・仕事で学んだことをプライベートに展開

仕事では多くのことを学び、経験できます。

私のように会社員であれば、給料を頂きながら、初めてのことにチャレンジできる、新しいこと学べることは大きなメリットと言えるでしょう。

独立すると学ぶことは投資と同じように、失敗が損失につながりやすくなりますので。(もちろん、そのリターンも大きいのですが)

仕事で学んだことを仕事だけに終わらせず、プライベートにも展開することでその経験は2倍になり、その効果を仕事、プライベートと異なる方向から分析することができるため、より精度も上げていくことができるでしょう。

仕事で学んだことをプライベートに活かしているもとして
1. 時間管理
2. 議事録の書式
3. 資金繰り表
があります。

1. 時間管理

これは仕事の中で、何にどれくらいの時間を使っているか知るために始めました。

これをすることで、時間の使い方を把握できるようになり、効率化を進める指標にも役立ちます。

この他にも、効率化するために取り組んだ改善効果も見えやすくなり、モチベーション維持や取り組んだことの改善につながっていきます。

2.議事録の書式

議事録は会議だけではなく、行動を言語化することで、分かりやすい資料の作成のトレーニングにもなります。

自分で理解するだけではなく、他の人から見ても分かりやすい資料、分かりやすい言葉で表現していくことは、仕事に限らずプライベートでも役立つ機会は多いでしょう。

3.資金繰り表

資金繰りは、仕事であれば経理が作るものですが、経理でなくても予算管理、利益管理は欠かせません。

自分の部署の売上、費用を計算することで、損益管理にも役立ちます。

プライベートでも、損益や収支を把握することで、自分のお金の管理、計画が立てられるようになると、計画的な行動ができるようになるためおススメです。

私の場合は、80歳までの資金計画を作成し、定期的に見直し、将来の生活の指標にしています。

・プライベートで学んだことも仕事へ展開

プライベートで学んだことも同じように、仕事に活かすことができます。

私が取り組んでいるものとして、
1. 文章の書き方
2. Excel
3. 飲み会の幹事

1.文章の書き方

プライベートで文章を書く機会は少ないですが、これをBlogでトレーニングしています。

どうすれば伝わりやすい文章になるか。

どんなニーズが世の中にあるか、どのような記事が読まれるか、書いて、見直し、学んでいくことで、仕事にも十分役立ちます。

これは、継続が重要となるでしょう。

2. Excel

今は会社ではひとりにパソコン1台の時代。

特にExcelを使用する機会は多く、部署に関係なく避けれないもではないでしょうか。

会社だけではなく、プライベートでもExcelを使い、トレーニングを積んでおくと、仕事でも十分役立つ場面はあります。

私も、関数すら知らないとことから始まり、独学で学んでExcelを使っています。

3.飲み会の幹事

これは好き嫌いが出るものかもしれませんが、プライベートでも、仕事でも、幹事は敬遠されやすいものです。

しかし、やってみると、
・新しいお店を知ることができる
・自分でお店のチョイスができる
・行ってみたいところにいける
このメリットは大きく、新しい発見にもなります。

幹事が苦手な方は、手伝ってもらいながらでも、提供する側を知れることは学びが多く、勉強になります。

・まとめ

私も以前は、仕事とプライベートを完全に分けていましたが、このふたつを融合されることで相乗効果は高くなります。

別々に学ぶよりも、一緒に学ぶと効率的であり、大きな効果になります。

知るだけじゃなく、活かす。
インプットからアウトプット。

仕事とプライベートを分けるよりも、混ぜて取り組んでいくと非常に効果が高いので、いちど試してみてはいかがでしょうか。

【編集後記】
昨日は、改善提案書の作成。
来週の提案に向けて全体像を作りました。

【昨日の息子】
よくしゃべるようになり、会話も普通にできるようになってきています。
会話が普通過ぎて少し驚きです。
3歳にして昔の息子が懐かしく思えています。

【1日1新】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする