経理の仕事は日々の管理から始まる

経理の仕事は日々の管理から始まる
Pocket

経理と聞くと、仕事の内容が決算、税務申告というイメージが大きく、経理担当者の方も「決算の時期は仕事も増える」というイメージを持っている方が多いです。


しかし、決算や税務申告を行うのは、年に1回(月次決算)をしていれば毎月もありますが、仕事の一部でしかありません。


決算・税務申告は、経理業務を集めたもの。


経理業務をしっかりしていなければ、決算も申告も適正なものにならいので注意しましょう。



 


・経理の基本は日々の管理




経理の基本は、日々の経理にあります。


決算はその集計をするだけであり、税務申告も決算を税務上の考えを反映させることでしかありません。


あくまで、日々の経理が土台にあり、ここを適当にしてしまうと、決算も税務申告もデタラメなものになってしまいます。


だからこそ、日々の経理をして行く必要があり、数字と向き合うことは欠かせません。


 


 


・年1、月1ではなく、毎日経理をする




経理のイメージだと、決算の印象が強く、年に1回の決算、月に1回の月次決算という考えらるかもしれませんが、経理は毎日します。


毎日することで、

・1日当たりの作業量を減らす。

・月初1日で前月分の月次を見ることができる

・数字の変化に気づく

・改善、問題対応にすぐに取り掛かれる

などのメリットがあります。


個人的には、数字と1日1回向き合う機会が作れるとことは非常に重要です。


お金の重要性は理解している人が多くいますが、そのお金について毎日向き合っている人は少なく、気づいたときに危機的な状況になっていることもありました。


そのときは、運よく回避できましたが、毎回いい運が来るとも限りません。


大切なことほど、毎日向き合う機会を持つことおススメします。


 


 


・まとめ




経理と聞くと、決算、税務申告のイメージが強く、年に1回に大きな山があると考えられています。


もちろん、決算、税務申告は適正に行わなけばならず、欠かせない業務のひとつですが、これは最終的な集計と修正。


重要なことは、日々数字と向き合い、管理していくこと。


日々の経理をなくてして、決算、税務申告はできません。


まずは、日々の経理に取り組んでいきましょう。


 


【編集後記】

気温が上がってきて、通勤にも着替えが必要になりそうです。

会社の中も暑いので、社内でも暑さ対策を考えてます。


 


【昨日の息子】

しばらく妻の実家に帰省しており、日曜から会っていません。

今日は会いに行こうか検討中。


 


【1日1新】

初めての投稿内容

CATEGORY :

Facebookでコメントする