習慣を変えるには小さくから始める

習慣を変えるには小さくから始める
Pocket

【昨日の運動】

なし


これまでの習慣を変えるときに取り組んだときに注意したことは、小さく始めること。


一気にすべてを変えようとすると、これまで習慣とのズレが大きく、継続が苦しくなります。


継続をしていくことで、改善が見えてきて、形も変わってきます。最初から完璧な形で始める必要もなく、変えていくことを前提に始めてみると、一歩が踏み出しやすくなるのでおススメです。


 



朝活にて


 


・習慣は徐々に加速させる




私が、習慣としているもののひとつに『日々の記録』があります。

高校時代から自分の記録を継続していく中で、記録の内容や、記録するツールも変わってきています。


記録の内容であれば、

当時は

1.起床時間

2.就寝時間

3.体重

4.練習内容(部活)

5.感想

の5項目でしたが、


今では、

1.起床時間

2.就寝時間

3.体重

4.練習内容(トレーニングしたときのみ)

5.感想ひと言日記

6.個人経理

7.時間管理(24時間)

の7項目に増えています。


ツールだと、高校時代は部活の顧問から配布された指定のノートでしたが、卒業後はルーズリーフ、手帳、Excelと変わっています。

今考えると、最初からExcelで管理していれば分析や検索も楽だったのでしょうが、こればかりは仕方なく、当時はパソコンも持っていませんでした。


今後も、Excelからアプリに変わる可能性もあり、今のやりやすい方法で初めて、変えていくしかないと割り切って始めています。


習慣を変えるときも完璧を目指して始めると、始めれなくなります。

更に、これまで取り組んでいなかったことを始めることは、過去の自分と未来の自分のギャップを埋める作業でもあり、簡単にいきません。


例えば、これまで記録を全くとったことがない方が、私と同じように記録を取り出しても、続けることが難しいのではないでしょうか。


習慣というのは反比例していくものであり、図で表すとこのようになります。



習慣は反比例


最初はなかなか身に付かない(習慣レベル)が上がりませんが、徐々に身に付いて(習慣レベル)も上がっていき、ある一定の場所で急上昇する(習慣化する)ものだと考えています。


習慣化するには継続重視と考えて、最初の一歩は小さく始めることをおススメしています。


 


・習慣を変えるために、まずは何をする。




「●●習慣を身に付けたい!」

とピンポイントで決まっているならいいのですが、

・なんとなく習慣を変えたい。

・良い習慣を身に付けたい。

けど、

・何をしたらいいか分からない。

・何から始めたらいいか分からない。

と迷うなら、まずは『早起き』がおススメです。


早起きには、

・時間を確保しやすい

・電話、メールも来ない

・家族がいても邪魔されない

・1日が長く感じれる

・頭がクリア

・疲労も取れている(はず)

などのメリットがあり、いちばんのメリットは「時間を確保しやすい」ことでしょう。


早起きをすれば時間確保できるので、自分の趣味や仕事もできます。


私の場合だと、朝に記録、Blog、ラン、読書など、本業以外のことは朝にしています。


『早起き』と聞くと、大変そうや難しそう、続かないと言われることが多いですが、習慣にするメリットは大きくおススメです。


 


・まとめ




習慣を変える、習慣を身に付けるには時間がかかります。


これは個人差もあるので、これだけの時間とは言えませんが、ひとつの目安は3か月。

3か月継続することができるかはひとつのポイントになります。


最初は小さくてもいいので、徐々に変えて大きくしていく、反比例のグラフのようにちょっとずつ始めてみましょう。


これから夏にかけてはダイエットもいいかもしれません。


まずは小さく、3か月を意識して、習慣を変えてみてはいかがでしょうか。


 


【編集後記】

昨日は京都市内で朝活。そのあとに、フットサル大会の予定でしたが、会場に着くと中止の看板(雨のため)。

その後、晴れてきたので非常に残念でした。


 


【昨日の息子】

きれい好きはいいのですが、食事中に手が汚れると毎回手洗いで手を洗いたがり、一向に食事が進みません。

そのわりには、手で食べるのですが。。。


 


【1日1新】

朝活開催

Facebookでコメントする