初めての経験は緊張と痛みが伴う

Pocket

【昨日の運動】

40kmJOG

【体重6kg減への道:▲3.6kg】

・初めての経験を乗り越える

!初めての経験!

年齢を重ねるごとに減ってくる、「初めての経験」。

赤ちゃんの頃は、立つ、歩く、走る。これも初めての時があります。

立って転び、歩いて転び、走っても転ぶ。

初めての経験には、痛みが伴うこともあります。

それでも、続けていくうちに、立つこと、歩くこと、走ることが当たり前にできるようになって、痛みが出ることはなくなっていきます。(走るのもやり過ぎると痛いですが。)

昨日は、2つの初めての経験をしました。

1つは、京都市内の40kmJOG。

試合以外で40km以上を走った経験は2度目。

(初めては自主開催の琵琶湖50km)リンク

道に迷い、自販機が見つけられず、最後は水道水を飲みながら、何とか完走。

初めての道を走るのは緊張があり、迷ったときは無事帰れるかの不安もありますが、精神的に鍛えられて、走力のレベルアップに役立ちます。

痛みは、足が痛いのみと考えていましたが、昨日は頭痛も発生、肺にも痛みが出ていました。

走った前後で、約▲4kg、体重の約6%減少しており、4%以上減少した場合、頭痛やめまいの症状が現れるようなので、脱水症状だったと考えられます。(ウルトラマラソンに向けての課題の1つに水分補給が出ました。)

もう1つは、子供(2歳4カ月)とスーパー銭湯デビュー。

お風呂(水)が好きで、いつも顔を付けて楽しそうにしているので、一度大きなお風呂に入れたいと思い、今回優待券を入手してデビューしました。

最初は、緊張していて、湯船の隅っこで立っているだけでしたが、20分程で慣れてきて、薬草のお風呂(お湯の色が紫)に入りたいと言ったり、シャワーに行ったり、自分でシャンプーを手に取って、頭を洗ったり、体を洗ったりしていました。

その後、また浴槽につかり、楽しそうに遊んでいました。

次は、海デビューをさせたいと思います。

・初めての経験を増やしていく

私は今年で35歳になりますが、今までいくつもの初めての経験を乗り越えてきましたが、まだまだ初めての経験は増やせます。

まだまだ経験したことのないものは多く、経験したことも多いです。

初めての経験には、緊張感があり、「上手くかな」とか、「失敗したらどうしよう」という恐れ、上手くいかなかったときに痛みが生じることもありますが、初めての経験には、挑戦はするだけ価値があります。

ほとんど方は、挑戦せずに終わってしまうことが多く、挑戦するだけで1歩前にいけます。

その挑戦が上手くいかなくても、そこからどうすれば次は成功するか考えられるし、挑戦していくうちに上手くできるようになっていくでしょう。

大事なことは、挑戦する行動。

ぜひ、初めての経験を増やしていきましょう。

・今思うこと

初めてのことに挑戦していくためには、何がしたいか。何に興味があるのか、書き出して視覚的に見えるようにする。

そのために「やりたいことリスト」を作り、日付も入れると完璧。

「やりたいことリスト」の更新ができていないので、お盆に更新予定。

このように、挑戦を目に見えるように、期限を決めて、1つずつ行動に移してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする